cinderella project

お申込み お問合わせ

動物を飼うということ

お散歩中の排泄問題!現役ドッグトレーナーがオススメします

お散歩中の排泄問題とは…

お散歩中の排泄問題。何よりも重要なのは、他者へ不快な思いをさせない、または不快な思いを残さないと言う事です。多くの方が、お散歩=排泄時間としていますが、「排泄を済ませてからお散歩」と言うのが理想的ではないでしょうか。そうは分かっていてもハードルが高いのも事実です。

ドッグトレーナーがオススメします

ここで紹介するのは、散歩中排泄をさせる時の対応や、排泄をした時の処理の仕方をごご紹介いたします。

トレーナー目線でのおすすめは…

一番避けたいのは、他者の玄関前やお店の前です。

「あちゃ~…すみません」と言う経験はありませんか?

トレーナーという立場で躾という点でお勧めしているのは、お散歩中には「ON / OFF」の時間がある事をワンちゃんへ教えていきます。
「ON」は お散歩中は飼い主さんの横について歩かせ、ある程度制限をして管理されている時間。反対に「OFF」は、ここなら安全で迷惑・不快に思われない場所を飼い主さんが見定め、ワンちゃんにここなら自由にしていいのよ「OK!!」と言って、リードの範囲内での自由時間。排泄を促し、上手に排泄が出来たら褒め、どう振る舞って良いのかをワンちゃんに理解させるのも飼い主の役目です。

おすすめする処理の仕方は…

次に排泄の処理の仕方です。お散歩での排泄処理グッツの強い味方は

  • ビニール
  • トイレットペーパー
  • 水(水+消臭液も可)
  • ペットシーツ

地面に落ちる前に空中キャッチというのも一つの方法ですが、タイミングが難しい!!ウンチはビニール等でとり、地面にこびりついてしまった物はティッシュ等でふき取り後を残さない事。オシッコは水や消臭液を混ぜた物で流します。ただし、お水をかける事でオシッコ混じりの大きな水溜りになってしまうのも事実です。これでは逆に他者へ不快な思いを大きく残してしまいますので、場所によっては出来てしまった水溜りをペットシーツで吸収させる方法はスマート処理の仕方でオススメです。

最後に…

環境や躾、状況により異なりますが、犬好きさん&犬嫌いさん共に心地よく過ごせるような心がけを持ちながらお散歩を楽しまれてください。ご参考にして頂けましたら幸いです。

矢島陽子(ドッグマナースクール代表)

「動物を飼うということ」一覧へ戻る レポート一覧へ戻る